Art a maton

LEGOでギアを回してランダムな図形を書く装置!LEGO Crazy Action Contraptions 05 Art-A-Maton



ギアの動きに任せてランダムに動くアーム!

LEGOブロックのTechnicシリーズなどにはギアの機構につかえるパーツが沢山用意されていますが、機構を作ってしっかりうごかすのもいいですが、ギアを動かすことによってそれ先のアームが勝手に動くというのも面白いものです。

LEGOが付属している書籍「Crazy Action Contraptions:クレイジーアクションコントラプション」の中の5つ目のプロジェクトではArt a matonでギアの動きに任せて紙にランダムなアートを描くものです。

Art a maton

Crazy Action Contruptionsのシリーズは少ない部品点数で面白い動きをするアイデアがたくさん詰まっています。特にギアの動きは基本的なことから応用的なアイデアまで、動きのあるLEGO作品を作るために必要な基本的な情報がたくさん詰まっています。

実際に組み立てた動画は以下のとおりです。

Lego Crazy Action Contraptions

書籍にはレゴのレクニックで使われている普通のレゴブロックとは違った部品が含まれています。書籍内で紹介されているプロジェクトに必要なパーツはすべてそろっているため、購入後すぐに組み立てをスタートできます。

すべて英語で書かれていますが図解で分かりやすく解説されているので、だれでも簡単にスタートできます。

Lego Crazy Action Contraptions

Art a maton
最新情報をチェックしよう!
>FabShop

FabShop

Fab(ファブ)とはFabricationの略で、日本語では「モノづくり」を意味します。Shop(ショップ)は工房や工作所の事をさす英単語です。この2つを合わせて、モノづくり工房の意味で「Fabshop(ファブショップ)と名付けました。 Fabshopでは、今は当たり前のように普及したコンピュータやインターネットを活用して新しい時代のものづくりを提案していきます。

CTR IMG