この記事をシェアしよう!

通常版のRaspbianでは、以前の記事【STEP-38】でSWAP領域の拡大を推奨しましたが、Lite版のRaspbianでは常駐アプリも限られていて1GBのメモリーにも余裕があるので、音楽再生時のCPUの負荷変動を極力抑える為、あらかじめSWAPを無効化しておきます。

SWAPを停止する

「LXTerminal」を起動し、現状のSWAPの設定を確認します。

swapon -s

Sizeが100MBで設定されていますが、現状では全く使われていません。

試しに次のコマンドを打ち込んでみました。

swapoff

すると、使用方法が表示されて、無効化するには” -a”のオプションを付ければいいと出ています。

早速、そのコマンドを打ち込んでみました。

sudo swapoff -a

もう一度、現状のSWAPを確認してみます。

swapon -s

何も表示されずにプロンプトが返ってきました。

このコマンドでも、現状のSWAPを確認してみます。

free -h

SWAPのSizeが0Bになっていました。

SWAPを永久に無効化する

ファイルマネージャを起動して「/etc/」を開き、dphys-swapfileを右クリックして出てくるメニューから「nano」を選択します。

カーソルを下に移動し、”CONF_SWAPSIZE=100(MB)”のところで止めます。

”CONF_SWAPSIZE=100(MB)”の”100″を”0″に変えます。

カーソルを更に下に移動し、”#CONF_MAXSWAP=2048(MB)”のところで止めます。

行頭の”#”を削除し、”CONF_MAXSWAP=2048(MB)”の”2048″を”0″にします。

できたら、(「Ctrl」+「O」) → (「Enter」) → (「Ctrl」+「X」)キーの順で保存します。

LXTerminal画面に戻って、再起動します。

reboot

再起動したら、再びSWAPの設定を確認します。

free -h

再起動しても、SWAPのSizeは0Bのままでした。

この記事をシェアしよう!